発達支援をお探しの方へ(個別療育のご案内)  

個別療育を行っている南西部地域療育センターは、みつばすみれ学園内に併設されています。

発達についてご心配なことやお子さんの様子をお伺いし、専門職が必要に応じて発達の検査を実施します。

その上で療育が必要なときは、お子さん一人ひとりに合わせ、個別療育をご提供します。 

個別療育の内容

・詳細ページ

対象となるお子さん

・発達障害の特性が気になる 0歳~小学校3年生までのお子さん

・埼玉県(さいたま市を除く)にお住まいの方

・医療機関で個別療育を受けている方は応相談

利用日数

・月2~3日程度

職員

・言語聴覚士(ST)、作業療法士(OT)、臨床心理士(CP)

詳細ページ

よくあるご質問

みつばすみれ学園の利用について  

一人ひとりのお子さんに合わせた、また家庭生活・社会生活が営みやすくなるような療育的支援の提供を行っています。

~私たちが大切にしていること~

・集団の中で、生活の基本的な動作(食事・排泄・着脱)やお友達同士の関わり方を練習しています。

・お子さんのみではなく、保護者の方々もつながる場を提供しています。

 

特色

・クラスで、複数のお子さんが一緒に療育を受けながら、集団生活の練習をします。また、食事・排泄・着脱などの生活面の練習や、保護者同士がつながる場を提供しています。

対象となるお子さん 

・0歳児~小学校にあがる前のお子さん

・発達に心配があるお子さん(診断名は必要ありません)

・朝霞市、志木市、和光市に在住の方

 ※医療的ケアが必要なお子さんも受け入れています。

  受入可能な症例:気管切開、経管(経鼻・胃ろう含む)、吸引

   (看護師が常時配置されています。

利用日数

・週1~5日

 幼稚園や保育園を使いながら併行して利用することも出来ます。(週1~2日)

・年齢に応じた単身登園も行っています。(お子さんの状況などにより進め方などは相談となります。)

 職員

・児童指導員、保育士、看護師

・嘱託:理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、作業療法士(OT)

詳しくは詳細ページをご覧ください

詳細ページ

 

令和4年度 児童発達支援および放課後等デイサービスに係るガイドラインに基づいた自己評価について  

みつばすみれ学園では、児童発達支援および放課後等デイサービスに係るガイドラインに基づく自己評価等を行っています。

つきましては、令和4年度実施分について下記のとおり公表いたします。

 

事業所 自己評価結果

保護者 集計結果

 

ご寄付いただきました。  

令和4年10月21日(金)朝霞ライオンズクラブ様より、子どもたちにシャボン玉を頂きました。

頂いたシャボン玉は、翌日22日(土)に開催された令和4年運動会の子どもたちへの参加賞として渡しました。

運動会翌日は天気もよかったので、子どもたちはシャボン玉遊びを楽しんだようです。

毎年ありがとうございます。

 

 

ご寄付ありがとうございました  

 

朝霞ラインズクラブ様より、ご寄付をいただきまし。

 

いただいた寄付金は、ご利用者のために役立てさせていただきます。

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

アーシャ💓るくるんがやってきた  

 5月18日(水)に、朝霞市社会福祉協議会のマスコットキャラクターの「アーシャ💓るくるん」が学園に遊びに来てくれました。大きな身体に最初ビックリする子もいましたが、ピンク色のフワフワの体に触れてみると、その気持ちよさに気づいて、何度も優しく撫でていました。

大型絵本、色鉛筆ありがとうございます  

例年、夏祭りの看板製作・当日出店のお手伝いやクリスマス会前の大掃除などでご協力いただいている、志木市赤十字奉仕団様より子どもへの、クリスマスプレゼントとして大型絵本「おべんとうバス」と色鉛筆セットを頂戴いたしました。

読み聞かせやお絵かき・色塗りの好きな子ども達にとって、素敵な贈り物となりました。大切に使わせていただきます。

シャボン玉のご寄附ありがとうございます  

 10月28日木曜日に、朝霞ライオンズクラブ様よりシャボン玉を運動会の参加賞としてご寄附いただきました。

 今年は、10月30日土曜日に一年ぶりの運動会を開催いたしました。当日一人ひとりに渡すことができました。

 子ども達は、好きなシャボン玉をいただいて嬉しそうでした。楽しく遊んでくださいね。

 

 

心肺蘇生法・AED訓練を受講しました  

6月28日(月)に志木消防署 救急隊員にお越しいただき、令和3年度の心肺蘇生法・AED訓練を受講しました。今年度もコロナ感染拡大を予防して参加者を10名以下に、また、心肺蘇生時には対象者に見立てた人形の口元にタオルなどを当てて、呼気(吐き出す息)からの感染を想定しながら実施しました。隊員も「コロナ禍の状況下での取り組みです」とコメントされていました。

日頃より危機意識を持ち、緊急時に対応できるためにも、一年に一回の大切な訓練です。職員は緊張した表情で参加しています。学園では、今年度も7月からプール遊びを開始します。事故予防の監視、管理体制を十分に学習して、緊急時の対応を身に付けてプール遊びに望みたいと思います。

(上段:乳児を想定した訓練 下段:幼児を想定した訓練)             

       

雑巾、タオルのご寄附ありがとうございます  

3月23日火曜日に、志木市赤十字奉仕団様より雑巾、タオルのご寄附いただきました。

毎年、年末のガラス清掃のボランティアの時にいただいておりましたが、今年度は感染拡大防止

のためボランティア活動もご遠慮いただきました。(令和2年12月24日投稿分)

時期をずらして、雑巾、タオル126枚いただきました。

毎日、消毒清掃をおこなっていますので、活用させていただきます。

児童発達支援及び放課後等デイサービスに係るガイドラインに基づいた自己評価について  

みつばすみれ学園では、児童発達支援及び放課後等デイサービスに係るガイドラインに基づく自己評価等を行っています。

つきましては、令和2年度実施分について下記のとおり公表いたします。

 

事業所における自己評価

 

保護者からの自己評価

 

 

 

大型絵本のご寄附ありがとうごさいます  

12月21日木曜日に、志木市赤十字奉仕団様より大型絵本「きょだいな きょだいな」をクリスマスプレゼントとしてご寄附いただきました。

 毎年、夏祭りや年末のガラス清掃などにご協力いただいているところですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、行事も中止されクリスマス会に向けたボランティア活動もご遠慮いただきました。

 コロナ禍ではありますが、「学園の子どもたちに」と今年もクリスマスプレゼントを届けていただきました。日々の活動や遊びで使わせていただきます。

 

 

砂場道具セット、お人形のご寄附ありがとうございます  

12月4日金曜日に、第一生命労働組合浦和営業職支部様より砂場道具セット、お人形のご寄附をいただきました。贈呈式には子ども達も立ち会い、年長さんが受け取りました。

砂場セットもお人形もピカピカ・キラキラしていて、一足早いクリスマスプレゼントに、子ども達は興味津々。笑顔がいっぱいの贈呈式でした。みんなで仲良く遊びましょう。

 

シャボン玉のご寄附ありがとうございます  

 

11月13日金曜日に、朝霞ライオンズクラブ様よりシャボン玉のご寄附をいただきました。

例年であれば、運動会に合わせてご寄附いただいているところですが、今年はコロナウイルス

感染拡大防止の観点から中止としましたが、子ども達一人ひとりにシャボン玉のご寄附をいた

だきました。

12月にクラス毎のクリスマス会を実施します。プレゼントとして渡す予定です。子ども達は

シャボン玉が大好きです。笑顔でシャボン玉を吹いて、冬空に高く高く飛んでいく様子が想像できます。

 

 

 

 

 

きょうだいについて思う  

コロナ禍の今年は、例年通りに夏休みを利用して帰省や旅行などが思うようにできない夏となりました。学園児の小学生以上のきょうだいについては、例年より短い夏休みを過ごさなければなりません。

 

夏休みの期間中は、小学生のきょうだいの付き添いが多くなる時期です。それでも、前述の通りコロナ禍にありますので、できる限りの付き添いを控えていただくようにご協力を求めたところであります。

 

しかしながら留守番(または付き添い)をする兄弟にとっても、お父さん・お母さんは学園児と同じです。「なんで学園に行かなくてはいけないの?」「せっかくの夏休み、一緒に遊んでよ」「すこしはこっち向いてよ」と思っているかもしれません。

 

学園児を支援することにきょうだいも含まれていることが、学園の療育の根底には脈々と引き継がれています。きょうだいが付き添いで来てくれた時には、温かく受け入れ、時には厳しく本音で付き合い「大切な一人」として職員は接しています。

 

国内でもきょうだい支援の必要性が公的に注目されるようになり、きょうだい当事者や家族会、専門機関などが中心になって活動支援が実施されてきています。一部ですが、ご紹介します。

 

 きょうだい支援のサイトにつてはこちらから https://www2.hp-ez.com/hp/sibshop

 

 

 

 

 

 

緊急時に備えてみませんか  

これから、梅雨、台風の季節を迎えます。

昨年10月には令和元年東日本台風(台風第19号)の影響により、記録的な大雨となり、甚大な被害が発生しました。

今後、経験をしたことのない災害が発生するかもしれません。この機会に、「備え」への意識を高めてみませんか。

また、今年は新型コロナウイルス感染拡大を予防しながらの避難となると思います。

専門家の意見を参考にされてはいかがでしょうか。

 

日本災害情報学会

避難に関する提言 ~新型コロナウイルス感染リスクのある今、あらためて災害時の『避難』を考えましょう

国立国際医療研究センター

「障害を抱え特別な支援が必要な子どもと、その家族のための緊急時対応準備マニュアル」

 

【ご利用の皆様へ】緊急事態宣言後の登園について【みつばすみれ学園】  

5月25日、緊急事態宣言が解除されました。

今後の登園につきましては、現在の計画的受け入れを継続させていただき、

6月15日より通常登園に切り替えてまいります。

詳細につきましては、以下(PDFファイル参照)のように取り決めました

のでご報告させていただきます。

 

 緊急事態宣言解除後の登園について