次世代育成支援行動計画(第3期)  

職員が仕事と子育てを両立することができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間
平成30年4月1日から平成33年3月31日まで

2 内容

目標:育児・介護休業に関する諸制度の周知徹底

〈対策〉 平成30年4月 正規職員、パート職員の採用時に「育児・介護休暇に関する手引き」を配布し、制度の周知を継続実施。

目標:ノー残業デー及びノー残業週間の実施
    原則、毎週水曜日をノー残業デーとし、午後5時45分までに退勤する。

〈対策〉 平成30年4月 「エコ・クールビス」実施要領を基に、今後も「ノー残業デー」について継続実施。

目標:休暇の取得の促進
1 年次休暇の取得の促進
(1) 施設長会議等で年次休暇取得促進を喚起し、職場の意識改革を行う。
(2) 家族の記念日や子の学校行事等、家族とのふれあいのための年次休暇の取得を促す。
2 連続休暇の取得促進
  休日(日曜日、土曜日)と月曜日や金曜日を組み合わせての連続年次休暇の取得を図る。
3 各施設ごとの年次休暇取得状況を年1回報告。
4 各施設ごとの年次休暇取得日数割合を、次の数値にすることを目標とする。
(1) 平均取得率 60.0%以上  (2) 平均取得日数 12.0日以上

〈対策〉 平成30年4月 平均取得率が目標に達しなかったため、各施設において休暇を取得しやすい職場づくりを継続実施。

目標:職員の子供による職場見学の受け入れ

〈対策〉 平成30年4月 各施設において職場見学受入要領を基に周知し、円滑な受入体制を構築。

    今後も夏期休暇期間等で柔軟な受入を継続。