オンライン就職説明会を行います!(新卒・既卒問わず正規保育士をご希望の方)  

 

 

コロナウイルス感染症対策の一環として、ご自宅でも当法人の就職説明が受けられるよう、

Zoomを使用したオンライン就職説明会を開催いたします。

 

日 時:7月20日~8月31日の間の月曜日~金曜日

    15:00~18:00(以外の時間でも調整いたしますのでご相談ください)

    約15分程度

 

方 法:Zoom

 

内 容:法人・みつばすみれ学園・和光市ほんちょう保育園・和光市にいくら保育園・仕事内容・採用ス

    ケジュールの説明(現職の職員が参加いたします)

 

その他: ・ 事前予約をお願いしております。(本部事務局:048-471-3139)

       オンライン就職説明会への参加の件とお伝えください。

     ・ 説明会は1対1を想定しておりますが、ご友人等であれば複数人での参加も可能です。

     ・ 施設にお越しいただいての施設見学も順次再開しております。

 

就職説明会のチラシはこちら

 

施設見学をご希望の皆様へ(入職をご検討の皆様へ)  

 

入職をご検討の皆様へ

 

 

緊急事態宣言も解除され、施設は6月15日より通常通りに開所しております。

 

受入を一時的に中止させていただいておりました施設見学に関しましても、入館前の検温や手指消毒の実施、見学時間の短縮や3密の回避等、細心の注意を払いながら各施設順次再開しております。

 

正規職員は 保育士(新卒・既卒) が現在も募集中となっております。

パート職員はトップページの求人情報からご希望の職種をご確認ください。

 

施設の見学に関しては施設内の3密の回避のため、事前予約をお願いしております。

 

ご希望の方におかれましては①以下の連絡先に電話 ②「求人情報」内の応募フォーム ③施設に直接お電話 ①~③いずれかの方法でご連絡いただきますようお願い申し上げます。

 

 

法人本部事務局 採用担当 宛

tel:048-471-3139

電話受付時間:月~金曜日の8:30~17:15

 

児童発達支援及び放課後等デイサービスに係るガイドラインに基づいた自己評価について  

みつばすみれ学園では、児童発達支援及び放課後等デイサービスに係るガイドラインに基づく自己評価等を行っています。

つきましては、令和元年度実施分について下記のとおり公表いたします。

 

事業所における自己評価

 

保護者からの自己評価

 

埼玉県から「多様な働き方実践企業 ”プラチナ” 」に認定されました。  

 

埼玉県では、女性にも働きやすい職場作りをしている企業に対し「多様な働き方実践企業」として認定する制度を実施しております。

 

当法人は平成26年度から”ゴールド”企業として認定されておりましたが、令和元年12月より、”プラチナ”企業として新たに認定されました。

 

今後も職員の働きやすい職場作りを目指してまいります。

 

詳しくは埼玉県産業労働部ウーマノミクス課HPをご覧ください。

 

 

 

 

 

介護職員等特定処遇改善加算及び福祉介護職員等特定処遇改善加算の算定と手当の支給について  

当法人では、令和元年10月から、介護報酬及び障害福祉サービス等報酬において、特定処遇改善加算を算定し、職員に対し、介護等特定処遇改善手当を支給しております。

介護等特定処遇改善手当の概要(ホームページ公開)

 

次世代育成支援行動計画(第3期)  

職員が仕事と子育てを両立することができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間
平成30年4月1日から平成33年3月31日まで

2 内容

目標:育児・介護休業に関する諸制度の周知徹底

〈対策〉 平成30年4月 正規職員、パート職員の採用時に「育児・介護休暇に関する手引き」を配布し、制度の周知を継続実施。

目標:ノー残業デー及びノー残業週間の実施
    原則、毎週水曜日をノー残業デーとし、午後5時45分までに退勤する。

〈対策〉 平成30年4月 「エコ・クールビス」実施要領を基に、今後も「ノー残業デー」について継続実施。

目標:休暇の取得の促進
1 年次休暇の取得の促進
(1) 施設長会議等で年次休暇取得促進を喚起し、職場の意識改革を行う。
(2) 家族の記念日や子の学校行事等、家族とのふれあいのための年次休暇の取得を促す。
2 連続休暇の取得促進
  休日(日曜日、土曜日)と月曜日や金曜日を組み合わせての連続年次休暇の取得を図る。
3 各施設ごとの年次休暇取得状況を年1回報告。
4 各施設ごとの年次休暇取得日数割合を、次の数値にすることを目標とする。
(1) 平均取得率 60.0%以上  (2) 平均取得日数 12.0日以上

〈対策〉 平成30年4月 平均取得率が目標に達しなかったため、各施設において休暇を取得しやすい職場づくりを継続実施。

目標:職員の子供による職場見学の受け入れ

〈対策〉 平成30年4月 各施設において職場見学受入要領を基に周知し、円滑な受入体制を構築。

    今後も夏期休暇期間等で柔軟な受入を継続。